2014年06月15日

お勧めのビジネス書:『論理的にプレゼンする技術 聴き手の記憶に残る話し方の極意』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2)3日であなたを変えるおすすめの本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●お勧めのビジネス書:『論理的にプレゼンする技術 聴き手の記憶に残る話し方の極意』

理系・文系を問わず、ビジネスシーンではプレゼンを避けて通れません。

分かりやすいプレゼン術は全社会人必須のスキルといえます。

本書では、そもそも「よいプレゼンとはなにか?」といった基礎のキソから、発表に臨む際の心構え、事前準備から、発表シナリオの作り方、発表中の正しい振る舞い、パワーポイントの効果的な使い方、聴き手を飽きさせない技術、質疑応答のじょうずな方法まで解説していきます。


第1章 「よいプレゼン」ってなんだろう?

第2章 わかりやすい「プレゼンストーリー」をつくる!

第3章 おろそかにしちゃいけない! 事前準備

第4章 資料づくりの大前提を押さえる

第5章 わかりやすいスライドづくりの基本

第6章 反面教師に学ぶ! 聴き手を惑わす発表資料に要注意

第7章 聴き手が引き込まれる発表資料のつくり方

第8章 プレゼン発表テクニック



よく、我流でプレゼン資料を作成して発表している方の内容をみるとありがちな間違いなどから改善方法まで的確で簡素に書かれていると思います。



イラストも豊富なため、誰でも無理なく「プレゼンのいろは」を覚えられると感じました。


特に新入社員の方や教えて頂ける先輩がいない方は、一読してからプレゼン資料を作成すると見違えるようになると思います。


●『論理的にプレゼンする技術 聴き手の記憶に残る話し方の極意』 (アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797349778/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『論理的にプレゼンする技術 聴き手の記憶に残る話し方の極意』 (楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/n9ffqfb


タグ:仕事の基本
posted by ホーライ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼンスキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

お勧めのビジネス書:『心を動かすプレゼンの技術 人前で話すのが苦手なあなたへ』

●お勧めのビジネス書:『心を動かすプレゼンの技術 人前で話すのが苦手なあなたへ』

今週は僕のお気に入りの著者である「藤沢 晃治」さんの本の紹介です。

なぜ、あなたのプレゼンテーションは相手に伝わらないのか?

「聴講者に振りかかる迷惑」という観点を逆方向から観察し、様々な改善策を提案。

“プレゼンの神様”が教える実践的メソッド。



本書はビジネス・プレゼンのためだけの本ではありません。

小さな会議での発表や報告、学校での研究発表、研修やセミナーの講師業務、あるいは大規模なプレゼンなど、人前で話すことが苦手な全ての発表者に捧げる本です。


巷ではプレゼンの失敗例が溢れています。

小さい文字がゴチャゴチャ詰まったスライド、表やグラフだけのスライドのプレゼン。

レーザーポインターをブンブン振り回すプレゼン、スライドがあっちこっちへ前後して落ち着けないプレゼン、早口の講師が一人で納得しているプレゼン。

単調な口調で講師が子守唄を歌うような眠くなるプレゼン、例を挙げれば切りがありません。



失敗の種類はいろいろですが、これらの多くの失敗例に力強くガッシリと貫徹されている、ある共通点があります。

それは、全て「聴講者が困っている状態への想像力の欠如」です。

聴講者視点に無関心なのです。



本書は、この「聴講者に振りかかる迷惑」という観点から様々な改善策を提案します。

本書が紹介するこうした様々な改善策のうち、ほんの二つ、三つだけでも実行してみてください。(特に第5章の「説得する技術」は秀逸!!)

どんなに気が小さい方でも、たちまち明日から「プレゼンの達人」になれるはずです。


今年はこの本をネタにして社内で研修を実施する予定です。(by ホーライ)

「ビジネスは実践してなんぼ」です。


●『心を動かすプレゼンの技術 人前で話すのが苦手なあなたへ』(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4047102482/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『心を動かすプレゼンの技術 人前で話すのが苦手なあなたへ』(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/a3xjvdr




●最新の医療ニュースのまとめ
http://medical-news.seesaa.net/

●iPS細胞と再生医療ニュースのまとめ
http://horai-science.seesaa.net/

●治験と臨床試験のニュースのまとめ
http://chiken-adventure.seesaa.net/

●製薬会社のニュースのまとめ
http://horai-biz.seesaa.net/

●最新の科学のニュースのまとめ
http://horai-sciencenews.seesaa.net/

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net/



●GCPの解説(ワンポイントアドバイス)ブログ版
http://gcp-explain.seesaa.net/

●GCPの解説(ワンポイントアドバイス)サイト版
https://sites.google.com/site/gcpnokaisetsu/

●GCPの問題集(ブログ版)
http://horai-gcp-test.seesaa.net/

●GCPの問題集(サイト版)
https://sites.google.com/site/monitorcrcgcpmondai/

●基礎医学知識・薬学知識・カルテ用語の問題集(ブログ版)
http://cra-hilevel.seesaa.net/

●治験の略語集、治験に使われる言葉の解説(サイト版)
https://sites.google.com/site/chikenryakugo/

●お勧めのビジネス書(ランキングあり)
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/



posted by ホーライ at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼンスキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

お勧めのビジネス書:『外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック』

●お勧めのビジネス書:『外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック』

最近、僕は研修ではほとんど「パワーポイント」を使わないようになったのですが、以前は、多用していました。

そして、いつも思っていたのは、「いかにして分かりやすいスライドを作るか?」ということでした。



ときどき「文字だらけ」のうんざりするようなスライドをよく見かけませんか?

そして、演者はただ、それを読み上げるだけ。

それだったら、その資料を配布して終わりにすればいいのに、と思ってしまいます。


でも、とても素晴らしい(一発で理解できる)スライドを作る人もみかけ「すごい!」と思うこともまれにあります。


本書ではそんな「素晴らしい(一発で理解できる)」スライドを多数(100例以上!)、提示してくれています。

具体的だし、練習問題までついています。

こういう手法を身につけると、二度と「文字だらけ」のスライドを作る気になりません。


あとは、あなたの「話法」だけ。(「魔法」と言ってもいいけれど。)



●『外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック』
    ↓(アマゾン)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492557202/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック』
    ↓(楽天)
http://tinyurl.com/cegox7q




▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

◆新入社員にお勧めの本
http://horaiseiyaku.web.fc2.com/100booksfornewcomer01.html

■自己啓発のおすすめの本
http://horaisuccess2.web.fc2.com/book001.html

■おすすめのミステリー小説
http://horaimystery.web.fc2.com/index.html


posted by ホーライ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼンスキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

お勧めのビジネス書●『心を動かすプレゼンの技術 人前で話すのが苦手なあなたへ 』

先週に引き続き「藤沢 晃治」の本の紹介です。

本書はプレゼンテーションの基本がぎっしり詰まっている本です。

プレゼンに対する心構えから、そもそもプレゼンの主役は誰か?などいう概略から伝える技術として「概観を先に与える」「視覚情報を与える」「聴講者の届ける意識を持つ」などという基本ノウハウが紹介されている。

さらに秀逸なのは第5章で紹介している「説得する技術」だ。

ここには次のことが紹介されている。


1)論理力

2)構成力

3)比喩力

4)事例力


これらの4つの力はプレゼンに限らず、普段のビジネス会話、会議などでも通用するスキルだ。

そんなこんなで、プレゼンの全てをコンパクトにまとめている本書を推薦します。

特に社内でプレゼンが多い人は必読だと思います。

プレゼンで損している人って、多いものね。


心を動かすプレゼンの技術 人前で話すのが苦手なあなたへ (角川oneテーマ21)
【アマゾン】






【送料無料】心を動かすプレゼンの技術【楽天】

【送料無料】心を動かすプレゼンの技術

【送料無料】心を動かすプレゼンの技術
価格:760円(税込、送料別)





ブログランキング


posted by ホーライ at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼンスキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

★人生改造宣言―成功するためのセルフコーチングプログラム

オリンピック選手にはコーチがいます。

米国の著名な企業のCEOもエグゼクティブ・コーチのサービスを利用しています。

もしあなたに自分のコーチがいたら、どれほど生産性が上がり、どれほどの成功を手にすることになるか、想像できますか?


フォーチュン500社に挙げられる優良企業の社員をはじめとして、何百人ものクライアントを担当したプロフェッショナル・コーチとしての経験と実践的な知恵を用いて、非常にパワフルで効果的な101の秘訣が本書には満載です。

本書は自分の人生において本当に大切だと思うものを見抜く洞察力をもたらします。

そして、平凡から非凡へとあなた自身を変える秘策を与えてくれるでしょう。



ありがちな成功のためのノウハウ本とは一線を画している本。

たぶん著者のキャラクターなのでしょう。

素直に実践してみようかという気にさせてくれます。



この本に出会って約4カ月。

当初は思ってもみなかった仕事上のポジションにいます。

この2年ほどずっと温めていたアイデアが生かせるプロジェクトです。

従来からは考えられなかった新しい人間関係にわくわくしています。偶

然に偶然が重なった、だけかも知れません。

でも自分としては、素直に「セルフコーチング」の提言を受け入れて行動した結果だと信じたい。

仕事だけでなくプライベートの人間関係のゴタゴタも、何とかなるのではという気にさえさせてくれます。

ただ、邦題がちょっとすごすぎて、人前で読むにはやや気が引ける(笑)。


英語版も買おうかなと思っています。


人生改造宣言





人生改造宣言―成功するためのセルフコーチングプログラム







きっとあなたのネットライルが充実するホーライの厳選情報&ショッピングモール
英語の勉強(TOEIC対策)から、ペットのいる暮らし、資産運用、日用雑貨、旅行・出張に役立つ情報など厳選された情報等が満載。
そのリンク数は500件以上! あなたのネットライフがきっと充実するはず。

posted by ホーライ at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼンスキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。