2013年02月03日

お勧めのビジネス書:『問題解決力を鍛えるトレーニングブック』

●お勧めのビジネス書:『問題解決力を鍛えるトレーニングブック』奈良井 安

大体、大抵の「問題解決」に関する本は理論が多くて、難しいものが多い。

その点、この本は実に読みやすく、さらに「トレーニングブック」とあるとおり、「問題解決の方法」を事例を通じて身につけることができる。


どんなに有名な本でも「難しくて読了できなかった」とでは意味がない。

この本はそれはない。大丈夫!



問題解決力とは何か?

問題解決力を身につけるということは、どういうことか。

それは、ビジネスや日常生活の様々な場面において、迅速に問題を発見し、それに対して素早く、確実で、効率的な対策を考える力(習慣)を身につけるということ。

この力は、ただ場数を踏めば身につくというものではない。

欧米のマネジメントでは、問題解決力は必須のスキルとして認識され体系化されている。

誰でも少しの学習とトレーニングをつめば、スキルを自分のものとすることができる。


これまでにも問題解決を扱った書籍はあったが、その多くが難しいスキルの紹介に終止していた。

本書の特徴は次のとおり。

(1)問題を解決するための明確なプロセスが提示されている。

(2)より実践的な、実用的で手軽なツールが用意されている。

(3)スキルの解説だけでなく、演習の機会が設けてある。


本の中のバーチャル受講生と一緒に事例を解決していくことで、これらのスキルが無理なく確実に身につく。



●『問題解決力を鍛えるトレーニングブック』(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761260068/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『問題解決力を鍛えるトレーニングブック』(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/aos67u2


posted by ホーライ at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

お勧めのビジネス書:『独創はひらめかない―「素人発想、玄人実行」の法則』

●お勧めのビジネス書:『独創はひらめかない―「素人発想、玄人実行」の法則』

僕は普段から、新しいアイデアが欲しい場合は24時間、それを考え続けるしかないと思っている。

夢に出るぐらい考える続けるのだ。

その考え方の基となったのは下記の本。

「アイデアのつくり方」
  ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4484881047/horaihonoyomu-22/ref=nosim/

この「アイデアのつくり方」は滅茶苦茶、薄い本なのですが、得られるものは「無限」と言っていい。


そして、今日、紹介する本は、さらに実践的な本です。

世界的に活躍するロボット研究者が、真に独創的な仕事をするための発想と思考の秘密を語っている。

「単純な発想を緻密に実現するのが真のイノベーション」

「省略は発想の源」

「74時間集中して考えろ」

「科学者が不可能だ言ったときは、かなりの確率で間違っている」

「アイディアは人真似から」

「自分で考えて『何とかする』という訓練をしなければ知的体力は生まれない」

その他、省略法(端折り方)、提案書の書き方、効果的プレゼン方法、日本人の英語、知的ジョーク。

・・・・など等。

面白いエピソードも満載で、飽きない。

ノイマン等の歴史上の「天才」の発想方法等の紹介も参考になります(笑えるのも多い。)


最近、すぐに考えが煮詰まってしまう人、若い人に特にお勧めです。(元気も貰えます。)


●『独創はひらめかない―「素人発想、玄人実行」の法則』(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532318416/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『独創はひらめかない―「素人発想、玄人実行」の法則』(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/b55udor


posted by ホーライ at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

おすすめビジネス本:『ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル』照屋 華子

数年前から、日本人の「コミュニケーション能力」の低下が精神科医の世界で
指摘されているが、ここにきてビジネス社会のなかでも、個人のコミュニケー
ション能力不足がささやかれるようになってきた。


本書は、コンサルティング会社であるマッキンゼーのエディターとして活動
している著者が、「ロジカル・コミュニケーション」の新しい手法について
述べたものである。

そのポイントは、話の重複や漏れ、ずれをなくす技術である「MECE(ミッシー)」と、
話の飛びをなくす技術である「So What?/Why So?」を身につけることである。


著者の言う「論理的な伝え手」になるための、自分の考え、意見を論理的に整理し、
示す手法が解説されています。


伝える側の中にある情報を整理するための"論理的に思考を整理する技術"と、
整理したものを論理として組み立てる"論理的に構成する技術"を駆使して、相手の納得感を得る。

そうしたスキルこそが、日々の仕事をスムーズに進めるには、有効なのでしょう。


●『ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル』照屋 華子
    ↓(アマゾン)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492531122/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル』照屋 華子
    ↓(楽天)
http://tinyurl.com/3bmakgh


◆新入社員にお勧めの本
http://horaiseiyaku.web.fc2.com/100booksfornewcomer01.html


■自己啓発のおすすめの本
http://horaisuccess2.web.fc2.com/book001.html


▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/


■おすすめのミステリー小説
http://horaimystery.web.fc2.com/index.html



●日刊GCPメルマガはこちらから登録
http://www.mag2.com/m/0001423050.html

●モニターとCRCのためのGCPメルマガバックナンバー
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

●ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

●ホーライのツイッター
http://twitter.com/horai_japan

●塚田 淳彦 (ホーライ) facebook
http://www.facebook.com/atsuhiko.tsukada

●ハードボイルド・ワンダーランド日記(こっそり復活)
http://hard-wonder.seesaa.net/

■■■ ホーライ製薬のfacebook ■■■
      ↓
なまいきにfacebookがあります。
      ↓
http://www.facebook.com/Horaiseiyaku


posted by ホーライ at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

●お勧めのビジネス書『自分のアタマで考えよう 』

●お勧めのビジネス書『自分のアタマで考えよう 』
  ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478017034/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


月間100万PVを誇る人気ブログ「Chikirinの日記」の筆者による初の完全書き下ろし。ユニークな記事を生み出す独自の思考法を公開します!

◎プロ野球の将来性

◎結論が出ない会議の秘密

◎少子化問題のゆくすえ

◎婚活女子の判断基準

◎消費者庁が生まれた真相

◎就活で失敗しない方法

◎自殺の最大の原因

◎電気代の減らし方

◎NHK、BBC、CNNの違い

など、社会問題や日常の疑問を考えながら、「ちきりん流・思考の11のルール」をわかりやすく解説します。


第一線で活躍する経営者・ビジネスマン・コンサルタントも絶賛の内容です。

何度これと同じことを語ってきたか、ということが無数に散りばめられている。

『イシューからはじめよ』著者 安宅和人 氏


思考体力を鍛えたいすべての学生に――

東大では教えてくれない、これからを生き抜く術。

東京大学医学系研究科国際保健政策学 教授 渋谷健司 氏



ビジネスで成功したいなら、この本で頭を鍛えることを勧めたい。

ライフネット生命保険社長 出口治明 氏


自分で考えたことだけが本当の力になる、そのことを再認識させられた。

将棋棋士 森内俊之 名人



●『自分のアタマで考えよう 』
  ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478017034/horaihonoyomu-22/ref=nosim/

   ↓
  (楽天)
   ↓
http://tinyurl.com/7uoalmc


■新入社員にお勧めの本
http://horaiseiyaku.web.fc2.com/100booksfornewcomer01.html

■お勧めのビジネス書のサイト(1)
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

■お勧めのビジネス書のサイト(2)
http://horaibzbook.web.fc2.com/index.html

■自己啓発のおすすめの本
http://horaisuccess2.web.fc2.com/book001.html

■おすすめのミステリー小説
http://horaimystery.web.fc2.com/index.html
posted by ホーライ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

お勧めのビジネス書:Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学

●お勧めのビジネス書:Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学


複雑に考えて仕事する自分を、誇りに思っていないか。

「シンプル」は現代ビジネスにおける最強の武器だ。

スティーブ・ジョブズのもとでアップルの「Think Different」キャンペーンにたずさわり、iMacを命名した伝説のクリエイティブ・ディレクターが初めて明かす、ビジネスとクリエイティブにおける「シンプル」という哲学。


いまや世界一のテクノロジー企業となったアップル躍進の秘密とは?

もちろん誰もが知っている事実がある。

アップルには偉大なるビジョナリーがいた。

デザインに優れ、エンジニアリングにも、製造も小売もマーケティングもコミュニケーションもすべてが優れていた。


だが、それらすべてを超越した何かが、真にアップルをアップルたらしめたのだ。

――アップルは「シンプル」の熱狂的信者なのだ

本書は著者にしか知りえないさまざまなアップルでのエピソードを題材としながら、〈シンプル〉という哲学を、核となる10の要素に落としこんで紹介する。


マーケティングの考え方、イノベーションをいかに生みだすのか、組織の生産性をどう高めるのか、アイデアを実現させる方法、意思決定の仕方、社内や顧問とのコミュニケーションのとりかたまで


―あなたも〈シンプル〉という武器を手にすることで、この複雑な世界においてクリエイティブな力を発揮することができるはずだ。


クリエイティブでありたいと願う、すべての人を鼓舞する、哲学とエピソードにあふれた、素晴らしい一冊です。

複雑な人生は時間の浪費だと思う。


僕(ホーライ)はアップルの伝道師ですから・・・・・・。


●Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140815450/horaihonoyomu-22/ref=nosim/




■新入社員にお勧めの本
http://horaiseiyaku.web.fc2.com/100booksfornewcomer01.html

■お勧めのビジネス書のサイト(1)
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

■お勧めのビジネス書のサイト(2)
http://horaibzbook.web.fc2.com/index.html

■自己啓発のおすすめの本
http://horaisuccess2.web.fc2.com/book001.html

■おすすめのミステリー小説
http://horaimystery.web.fc2.com/index.html

posted by ホーライ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。