2013年09月01日

お勧めのビジネス書:『ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル』

●お勧めのビジネス書:『ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル』

ビジネス書の定番中の定番です。

コミュニケーション能力が低下しているとはどういうことか。

1つには、相手が何を言いたいのか、思っているのかを引き出す能力が低下していることである。

もう1つは、自分の伝えたいことを相手にうまく伝えられない、ということである。

そこに欠けているのが、論理的な思考と論理的表現能力である。


本書は、コンサルティング会社であるマッキンゼーのエディターとして活動している著者が、「ロジカル・コミュニケーション」の新しい手法について述べたものである。

そのポイントは、話の重複や漏れ、ずれをなくす技術である「MECE(ミッシー)」と、話の飛びをなくす技術である「So What?/Why So?」を身につけることである。

それだけである。

単純と言えば単純なものですが。



MECEは「ある事柄を重なりなく、しかも漏れのない部分の集合体としてとらえること」を意味している。

ちょうど、全体集合を漏れも重なりもない部分集合に分けて考える、集合の概念である。

「So What?/Why So?」は、よく話をするときに「したがって」や「よって」「このように」などを使うが、それらの言葉の前後で話に飛びがなく、伝え手の結論と根拠、結論と方法のつながりを、相手にすんなり理解してもらうための技術である。


「So What?」は「手持ちのネタ全体、もしくはグルーピングされたもののなかから、課題に照らしたときに言えることのエキスを抽出する作業」であり、「Why So?」は、「So What?」したときの要素の妥当性が、手持ちネタの全体、もしくはグルーピングされた要素によって証明されることを検証する作業」である。



これらの技術を何事においても習慣づけることによって、論理的思考力や論理的表現力がかなり向上するはずである。

実践に即した問題も随所に載っているので、楽しみならロジカル・コミュニケーションを身につけられる。



●『ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル』(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492531122/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル』(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/lmyx8d7



▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

◆新入社員にお勧めの本
http://horaiseiyaku.web.fc2.com/100booksfornewcomer01.html

■自己啓発のおすすめの本
http://horaisuccess2.web.fc2.com/book001.html

■おすすめのミステリー小説(サイト版 その1)
http://horaimystery.web.fc2.com/index.html

■おすすめのミステリー小説(サイト版 その2)
https://sites.google.com/site/mysteryhorai02/

■おすすめのミステリー小説(ブログ版)
http://ryokantemari.seesaa.net/





●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●●●●●自分を3日で変える自己啓発の方法●●●●●
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

●お勧めのビジネス書:『アイデアのつくり方 』ジェームス W.ヤング著

●お勧めのビジネス書:『アイデアのつくり方 』ジェームス W.ヤング著

1988年に発売されたこの本は僕のバイブルです。

と〜〜っても薄い本で、多分、1時間もあれば読み終えます。

が、中身は濃厚!!

今、発売されている「アイデア」本の全ての源泉がここにあります。

《アイデアをどうやって手に入れるか》という質問への解答がここにあります。

「内容」はあっけないほど簡単に理解できます。(このこと自体が凄い!!)

そして、あとは実践あるのみ。

実践して、実践して、実践する。(この本を不当に低く評価する人は、ただ、単に「実践していない」人だ。)

そこにアイデアが存在します。

夏休みに是非、どうぞ! (・・・・・・と、この本をメルマガで紹介するのも多分3回目。)


●『アイデアのつくり方』(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4484881047/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『アイデアのつくり方』(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/m5yxx48



▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

◆新入社員にお勧めの本
http://horaiseiyaku.web.fc2.com/100booksfornewcomer01.html

■自己啓発のおすすめの本
http://horaisuccess2.web.fc2.com/book001.html

■おすすめのミステリー小説(サイト版 その1)
http://horaimystery.web.fc2.com/index.html

■おすすめのミステリー小説(サイト版 その2)
https://sites.google.com/site/mysteryhorai02/

■おすすめのミステリー小説(ブログ版)
http://ryokantemari.seesaa.net/


●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●お勧めのビジネス書:『世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業』

●お勧めのビジネス書:『世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業』狩野 みき著

◎TEDxTokyo teachers出演者が送る「意見が言えない」人のための「骨太に考える基本」

なぜ、日本人は自分の意見が言えない、と言われるのか。

それは、海外では子ども時代から、「自分の意見を述べる」方法、すなわち、考えることの基本が身についているため。

海外生活が長く、スティーブ・ジョブズやクリントン大統領もスピーチしたTED Conference(テッド・カンファレンス)で有名なTEDの流れを組むTEDxTokyo teachersにも出演するなど、考えること、話すことに独自のノウハウを持つ著者が、そのエッセンスをやさしく解説します。



◎ ハーバード大学のメソッドに基づく「ちょっとしたコツでできる方法」が満載

本書では、米・ハーバード大学の提唱する「意見のつくり方」や、アメリカの高校で教える「考える」授業をモチーフに、「世界で通用する考え方」を紹介します。

理解したつもりにならない「ツッコミリスト」「視点を増やす方法」、 先を予測して現実的な選択をする「A4・1枚決断シート」など、ちょっとしたコツでできる方法を厳選して紹介します。


「会議」「打ち合わせ」で自分なりの新しい提案をしたい、人と差別化できる意見を持ちたい、決断に後悔したくない、という方には特に役立ちます。


「言うとおりにしなさい!」としつけるのではなく、「自分で考えなさい!」と言える親や上司でありたい。


●『世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業』(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534050909/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業』(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/m6m5r7f



▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

◆新入社員にお勧めの本
http://horaiseiyaku.web.fc2.com/100booksfornewcomer01.html

■自己啓発のおすすめの本
http://horaisuccess2.web.fc2.com/book001.html

■おすすめのミステリー小説(サイト版 その1)
http://horaimystery.web.fc2.com/index.html

■おすすめのミステリー小説(サイト版 その2)
https://sites.google.com/site/mysteryhorai02/

■おすすめのミステリー小説(ブログ版)
http://ryokantemari.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

お勧めの専門書:『ハイブリッドに考える思考の技法』

●お勧めの専門書:『ハイブリッドに考える思考の技法』

痛快だ!!

好きだなぁ、こういう考え方。

仕事も人生も突き抜ける!

ぶれていい。

変えていい。

AかB、どちらかに決めなくていい。


異色の経歴をもつ著者が、世界に通用するアタマの使い方を公開。

目先の仕事は大変、いまやるべきことに日々振り回されて、本来、本当にやらなければならないことができないジレンマに陥っているのが今の30代。

まわりを見渡すと、同じ思考パターンから抜け出せていない40代後半の上司や先輩たち。

そんな彼らは自分のロールモデルになり得ない。

10年先のことを考えると不安でしょうがない・・・・・・。

そんな彼ら・彼女らに、変わっていく時代のなかで、自分らしく楽しく仕事ができて自信がもてるようになる、いままでとは違ったアタマの使い方、思考法を、著者の経験、ならびに著者周辺の一流の人たちが実践していることをもとに解説。



メンタルも思考も一皮むける、明日の行動が変わる本。

第1章はハイブリッド思考とは何か?

ハイブリッドで考えることが重要な理由について。

第2章はハイブリッド思考による基本的なものの見方、考え方を伝える。

第3章はハイブリッド思考を前提とした行動スタイル、具体的にどう行動していくか、実行するときの技術を解説。

今日からすぐに使える“目から鱗"のヒントが満載。




空気を読む×流されない、慎重×大胆、リーダー×フォロワ―。

顧客との打ち合わせで、社内会議の場で、自分自身のキャリアを考えるうえで、世の中には二項対立で語られ、両立が難しい、相容れないと見られる概念がたくさんある。

それを「どちらか片方を選択する」のではなく、掛け合わせて、どちらも生きる新たな最適解を探る―

それが本書で紹介する「ハイブリッド思考」だ。

この考え方が身につけば、仕事の質ががらりと変わり、人生が豊かになること請け合い!



徹底的に特化した専門家なら、1つの武器で戦うのもいいが、多くのビジネスパーソンは、仕事の中身や相手を常に自ら選べるほど、恵まれた環境にはないはずだ。

「聞く力」「専門性」「リーダーシップ」など必要なスキルを挙げればキリがない。

しかし、どれもそれひとつを獲得すれば卓越したビジネスパーソンになれるという「魔法の杖」にはなり得ない。

すべてのビジネスパーソンが、いい仕事をするために必要なのは、ハイブリッドに思考して、行動することなのだ。

あなたも「突き抜けた人生」を生きてみたいと思いませんか?

読むか読まないかは、あなたしだい。


●『ハイブリッドに考える思考の技法』(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761269170/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『ハイブリッドに考える思考の技法』(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/mc6bbyh



▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

◆新入社員にお勧めの本
http://horaiseiyaku.web.fc2.com/100booksfornewcomer01.html

■自己啓発のおすすめの本
http://horaisuccess2.web.fc2.com/book001.html

■おすすめのミステリー小説(サイト版 その1)
http://horaimystery.web.fc2.com/index.html

■おすすめのミステリー小説(サイト版 その2)
https://sites.google.com/site/mysteryhorai02/

■おすすめのミステリー小説(ブログ版)
http://ryokantemari.seesaa.net/

posted by ホーライ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

お勧めのビジネス書:『人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか』

●お勧めのビジネス書:『人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか』

以前、このメルマガで「全てがFになる」というミステリ小説を紹介した。
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062639246/horaihonoyomu-22/ref=nosim/

この傑作ミステリ小説を書いた「森 博嗣」の画期的「思考」論が、今週、ご紹介する本です。

著者は名古屋大学の工学部の助教授時代に「全てがFになる」を発表し、その後、作家業に専念する。

この工学博士兼ミステリ作家の「森 博嗣」が「思考方法」を展開している。



内容は「いかにして抽象的な考え方を育てるか?」になる。

私たちは「熟考」したつもりでも、思い込みや常識など「具体的」な事柄に囚われてしまう。

「問題」に直面した際、本当に必要なのは「抽象的思考」なのだ。

「疑問を閃きに変えるには?」「“知る”というという危険」「決めつけない賢さ」「自分自身の育て方」・・・・など等。

「森 博嗣」らしく、実に理論整然と書かれている。

また、普段「なんとなく、ぼんやり感じている“気になること”」を彼が「腑に落ちる」ように解説してくれる。

抽象的、または客観的な思考をするにはどうすればよいか、またそういう思考をすることによってどういったメリットがあるか、という話です。




特に「人間関係を抽象的に捉える」の第2章は出色の論文だ。

例えば・・・・・

「人間関係」においても「楽しさ」には、ある程度の苦労が必要となる。

我慢をして初めて得られる、という関係だ。

「我慢をする」と簡単に言っても、そこには最低限の「相手を理解すること」が必要になる。

「相手を理解して」こそ自分で納得できるから、人を許すことができるようになる・・・・・・というような。




人生の諸問題を「抽象的に」かつ「客観的に」考えるためのヒントが各所にある。

そして最後は自分を成長させるために「考える“庭”を作ること」を提案している。

「森 博嗣」ファンにはもちろんのこと、彼のミステリ作品を全く知らない人にも役立つ「考えるヒント」集だ。


この本で「全ての人がF」になれるか?・・・・僕は成れると確信している。

(ちなみに、本書は「新潮新書」最長の書名となっている。)

●『人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか』(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106105101/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか』(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/awemurx



(おまけ)

村上春樹が「1Q84」以来の長編小説を出す。

今、アマゾンと楽天で予約ができます。(もちろん、僕は予約済。4月12日に発売予定。)

これまた、タイトルが長い!

●「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(村上春樹著)(アマゾン)
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163821104/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(村上春樹著)(楽天)
   ↓
http://tinyurl.com/afs9mg3



●最新の医療ニュースのまとめ
http://medical-news.seesaa.net/

●iPS細胞と再生医療ニュースのまとめ
http://horai-science.seesaa.net/

●治験と臨床試験のニュースのまとめ
http://chiken-adventure.seesaa.net/

●製薬会社のニュースのまとめ
http://horai-biz.seesaa.net/

●最新の科学のニュースのまとめ
http://horai-sciencenews.seesaa.net/

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net/



●GCPの解説(ワンポイントアドバイス)ブログ版
http://gcp-explain.seesaa.net/

●GCPの解説(ワンポイントアドバイス)サイト版
https://sites.google.com/site/gcpnokaisetsu/

●GCPの問題集(ブログ版)
http://horai-gcp-test.seesaa.net/

●GCPの問題集(サイト版)
https://sites.google.com/site/monitorcrcgcpmondai/

●モニターに必要な知識、CRCに必要な知識、医学知識、薬学知識、カルテ用語 (ブログ版)
http://cra-hilevel.seesaa.net/

●治験の略語集、治験に使われる言葉の解説(サイト版)
https://sites.google.com/site/chikenryakugo/

●お勧めのビジネス書(ランキングあり)
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/


posted by ホーライ at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。