2007年07月19日

『最強組織』の作り方

終身雇用制も崩れつつある中、チームの問い直しに迫られる日本企業の道は、自らが学習機能を持った「ラーニング・オーガニゼーション」となる他にはない。

企業経営では、組織の学習能力を強化しなければ生き残れない。

現代の時代の変化の激しさは、自ら変化を受容してその変化を前向きに活用する能力を企業人すべてに要求している。

まさに、自ら学習をする企業人しか生き残れない社会になっている。
 

またそのような企業人をいかに多く雇用するかが企業自体のサバイバル競争でもある。

「彫った仏に魂を入れる」と言われるが、雇用した企業人にいかにして学習能力を強化させるかが今後、ますます重要になってくるだろう。

本書「最強組織の法則」はこのような悩みを持たれている企業幹部には必読の書である。


なお、フィールドブックが2冊出ているので、より上を目指したい人は併せて読むとよいでしょう(これがまた優れものだ)。

組織のチーム研修にもどうぞ。


最強組織の法則


最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か






★フィールドブック 学習する組織「5つの能力」 企業変革を進める最強ツール


フィールドブック学習する組織「5つの能力」




フィールドブック 学習する組織「5つの能力」 企業変革を進める最強ツール






★フィールドブック 学習する組織「10の変革課題」―なぜ全社改革は失敗するのか?


フィールドブック学習する組織「10の変革課題」





フィールドブック 学習する組織「10の変革課題」―なぜ全社改革は失敗するのか?






新入社員に読ませたい本、新入社員に読んで欲しい本、新入社員にお薦めの本100冊

世界に影響を与えたビジネス書

自己啓発の本、成功哲学の本 by ホーライ

posted by ホーライ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。