2014年05月11日

お勧めの専門英語書:『グローバル治験で必要となるモニター英語』

●お勧めの専門英語書:『グローバル治験で必要となるモニター英語』

苦手な英語を得意な英語にする!

グローバル開発では経験も環境も進んだ海外のインフラや手順、手続きを取り入れ、海外のCROとの交渉、折衝を行うとなれば、まずは語学力がないとどうにもなりません。


グローバル開発に参加するには、海外の文化や制度の知識のほかに、どうしても基本的な英語の力というものが必要になってきます。


グローバル治験でのEDCやIVRSシステムの運用は基本的に英語でなされます。


モニタリング記録も、グローバル共通の監査や海外当局の査察を前提に考えると、英語にシフトしてゆくのが自然の流れになります。


海外では、英語が母国語でないモニターでも、英語が話せ、書けるのが当たり前の環境です。

むしろ英語ができないモニターは採用されないと言った方が正しいかもしれません。


本書は、英語が全くできないモニターの方にでも、海外で基本的な開発業務が英語でこなせるようになることを目標に書きました。


●『グローバル治験で必要となるモニター英語』(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864280231/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『グローバル治験で必要となるモニター英語』(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/m6ykfek
posted by ホーライ at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語スキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396750773

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。