2007年01月06日

誰も教えてくれない仕事のコツ500

仕事も人生も、自分なりの目標がはっきりしていると、迷いや不安が少なくなるもの。
できるだけ早く達成すべき「小の目標」、自分の五年後くらいを考えた「中の目標」、一生かけて取り組みたい「大の目標」の三つの目標を持つようにしよう。
そうすれば、自標を達成した喜びと、追い続ける楽しみが持てますから、いつも前向きな気持ちでいることができるのです。

仕事を受けたら、まずそのできあがりをイメージしてみる。
完成のイメージがはっきりと浮かべば、何をどうすればいいのかがわかるので、自信を持って仕事を進めることができる。
逆に、イメージが浮かばないときは、あなた自身がその仕事を理解していないということだ。
当然、手探りで仕事を進めることになりますから、どこまでやっても不安がつきまとう。
納得がいくまで上司に質問するなりして、きちんとできあがりが思い描けてから、仕事に取り組むことです。


情報収集、人間関係、部下掌握術など仕事を効率よくこなすためのコツから、能力開発、人脈活用、会話法など自らを磨き、仕事の幅を広げるコツまで、500項目にわたって具体的に解説。



誰も教えてくれない仕事のコツ500(楽天)


誰も教えてくれない仕事のコツ500(アマゾン)





ホーライ総合ショップ…厳選されたお勧めビジネス書から音楽CD、名作DVD、健康食品まで
posted by ホーライ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動指針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。