2012年10月20日

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る

●『重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る』
  ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344982614/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


神の粒子発見か?!

先週、こんなニュースが飛び込んできましたね。
  ↓
●「最後の素粒子」ヒッグス粒子を発見か 欧州の研究機関
http://www.asahi.com/science/update/0704/TKY201207040487.html

そもそも「重力」とは何か?

「重力」の7つの謎。

最先端の研究が直感で分かる、エキサイティング宇宙論。

私たちを地球につなぎとめている重力は、宇宙を支配する力でもある。

重力の強さが少しでも違ったら、星も生命も生まれなかった。

「弱い」「消せる」「どんなものにも等しく働く」など不思議な性質があり、
まだその働きが解明されていない重力。

重力の謎は、宇宙そのものの謎と深くつながっている。

いま重力研究は、ニュートン、アインシュタインに続き、第三の黄金期を迎えている。

時間と空間が伸び縮みする相対論の世界から、ホーキングを経て、宇宙は一〇次元だと考える超弦理論へ。

重力をめぐる大冒険。

世界で活躍する素粒子物理学者が書いた、重力の本。

本書の性格をたとえれば、メジャーのエース級のピッチャーが、日本の野球少年とキャッチボールをしてくれる。そんなところでしょうか。

「重力とは何か」という、重い球をストレートに投げ込んできますが、決してキャッチできない球ではない。

受け取りやすいように、真正面に投げてくれますし、ゆるい球から、だんだん速い球へとならしてくれます。

アインシュタインなどのこれまでの知の蓄積を、その意図からやさしくときほぐし、超ひも理論など最先端の領域へといざなってくれるのです。



●『重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る』
  ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344982614/horaihonoyomu-22/ref=nosim/
   ↓
  (楽天)
   ↓
http://tinyurl.com/7hwqub3



■新入社員にお勧めの本
http://horaiseiyaku.web.fc2.com/100booksfornewcomer01.html

■お勧めのビジネス書のサイト(1)
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

■お勧めのビジネス書のサイト(2)
http://horaibzbook.web.fc2.com/index.html

■自己啓発のおすすめの本
http://horaisuccess2.web.fc2.com/book001.html

■おすすめのミステリー小説
http://horaimystery.web.fc2.com/index.html


posted by ホーライ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。