2014年06月15日

お勧めのビジネス書:『論理的にプレゼンする技術 聴き手の記憶に残る話し方の極意』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2)3日であなたを変えるおすすめの本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●お勧めのビジネス書:『論理的にプレゼンする技術 聴き手の記憶に残る話し方の極意』

理系・文系を問わず、ビジネスシーンではプレゼンを避けて通れません。

分かりやすいプレゼン術は全社会人必須のスキルといえます。

本書では、そもそも「よいプレゼンとはなにか?」といった基礎のキソから、発表に臨む際の心構え、事前準備から、発表シナリオの作り方、発表中の正しい振る舞い、パワーポイントの効果的な使い方、聴き手を飽きさせない技術、質疑応答のじょうずな方法まで解説していきます。


第1章 「よいプレゼン」ってなんだろう?

第2章 わかりやすい「プレゼンストーリー」をつくる!

第3章 おろそかにしちゃいけない! 事前準備

第4章 資料づくりの大前提を押さえる

第5章 わかりやすいスライドづくりの基本

第6章 反面教師に学ぶ! 聴き手を惑わす発表資料に要注意

第7章 聴き手が引き込まれる発表資料のつくり方

第8章 プレゼン発表テクニック



よく、我流でプレゼン資料を作成して発表している方の内容をみるとありがちな間違いなどから改善方法まで的確で簡素に書かれていると思います。



イラストも豊富なため、誰でも無理なく「プレゼンのいろは」を覚えられると感じました。


特に新入社員の方や教えて頂ける先輩がいない方は、一読してからプレゼン資料を作成すると見違えるようになると思います。


●『論理的にプレゼンする技術 聴き手の記憶に残る話し方の極意』 (アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797349778/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『論理的にプレゼンする技術 聴き手の記憶に残る話し方の極意』 (楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/n9ffqfb


ラベル:仕事の基本
posted by ホーライ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼンスキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

●お勧めのビジネス書:『まんがでわかる 7つの習慣』

●お勧めのビジネス書:『まんがでわかる 7つの習慣』

自己啓発の本としては、もはや、古典中の古典とも言える「7つの習慣」。

一度でもこの本を手にしたことがある人は、その本の分厚さにたじろぐ。

そこで、まんがでわかりやすく解説したのが本書。

もちろん、まんがですので、全てを紹介はしていません。

でも、何も読まないよりも、ずっといいですよ。

「7つの習慣」のエッセンスも盛り込まれています。

この漫画本で「7つの習慣」に興味を持ったら、オリジナルの日本語訳を目指すといいだろう。


僕はこの本(オリジナルの本)を大学時代に読み、人生の見方が変わり、とても生きやすくなりました。


●『まんがでわかる 7つの習慣』 (アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4800215315/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『まんがでわかる 7つの習慣』 (楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/ka86y32

ラベル:7つの習慣
posted by ホーライ at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

お勧めのビジネス書:『ダボス会議に見る 世界のトップリーダーの話術』

●お勧めのビジネス書:『ダボス会議に見る 世界のトップリーダーの話術』田坂広志 著


世界のトップリーダーにとって、グローバルな会議でのスピーチの場は、一国の将来を背負った、まさに「戦場」であり、彼らは、その戦いに勝つための「高度な話術」を身につけている。



本書では、ダボス会議やTED会議などのメンバーとして、その姿を間近で見てきた著者が、

「人格」「位取り」「胆力」「演技力」「観察力」「対話力」「振る舞い」「発声」「余韻」「思考」など、一般には語られることない、トップリーダーたちの「15の話術」を紹介する。


ビジネスパーソンは仕事の責任が増すほど、より多くの人たちの前で話すことが求められます。

仕事力の中でも、話術はとても重要なスキルです。

本書は、ダボス会議やTED会議に長年参加してきた田坂広志氏が、世界のトップリーダーが語っている場に接し、そのうち15名の話術を紹介している本です。

ダボス会議では、首相・大統領・グローバル大企業トップ、およびその経験者など、世界中のトップリーダー2,500名が集まります。

話し手だけでなく、聴衆もトップリーダー。

そしてこの場は、話し手であるトップリーダーが「値踏み」される場でもあります。

企業のトップが発言した場合、株価に影響を与えることもあります。

「何かを伝えるための話術」というよりも、「場の空気を作る話術」という印象で、他の話術を語る本とは違った切り口での学びがあります。

技術としての具体的な技法が体系化されているため、どういう観点で自身の話術を磨いていくべきか指針となる一冊です。



●『ダボス会議に見る 世界のトップリーダーの話術』 (アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492045295/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『ダボス会議に見る 世界のトップリーダーの話術』 (楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/qbghyte


posted by ホーライ at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーションスキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。