2014年01月31日

お勧めのビジネス書:『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代』

●お勧めのビジネス書:『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代』

全米トップ・ビジネススクール「ウォートン校」の史上最年少終身教授でもあり、気鋭の組織心理学者が教えるビジネスの成功の秘訣。

「ギバー(人に惜しみなく与える人)」

「テイカー(真っ先に自分の利益を優先させる人)」

「マッチャー(損得のバランスを考える人)」

もっとも成功するのは誰だろう。


他人に優しくしていたら、厳しい競争を勝ち抜けない?――それは大きな誤解だ。

これからは、他者志向の思いやりの発想とコミュニケーションが、あなたの仕事に大きな成功をもたらす。

リーダーシップ、営業、交渉、事業の立ち上げ、昇進まで……ありとあらゆるシーンでこの考え方が役に立つだろう。



一橋大学大学院教授・楠木建(『ストーリーとしての競争戦略』『経営センスの論理』)の監訳と解説で、日本初デビュー!

「世の“凡百のビジネス書”とは一線を画す一冊だ!」

与えることで成功できるのか?

答えは”イエス”である。

本書の具体例からも、それがはっきりとわかる本で面白かった。


今からの時代は昔の考え方では成功は難しい、もっと前を見て歩こうと最近良く言われていたのでこの本はその「先」を見ている本でした。

時代の先を見たい、これからの成功者の考え方を知りたい人におすすめです。



●『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代』(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4837957463/horaihonoyomu-22/ref=nosim/



●『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代』(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/k7zd5jq


posted by ホーライ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動指針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

お勧めのビジネス書:『一流役員が実践している仕事の流儀』

●お勧めのビジネス書:『一流役員が実践している仕事の流儀』

「別に、一流役員になる気はないから」と言わずに、まぁまぁ、一度、お読みください。

たとえ、平社員で終わるつもりでも、仕事のやり方が変わり、仕事が楽しくなります。

一流の役員と呼ばれる人たちが普段の仕事ぶりはどのようなものなのか。

意外に一般の社員が見聞きする機会はないと思いますが、やはり役員にまで上り詰めている方々の仕事ぶりは並ではありません。

そこには出世につながるだけの裏付けがあるのです。



本書では、その出世の秘密を40個にまとめ、「平社員は…、部長は…、役員は…」という比較形式で明確な差を解き明かしていきます。

はたして、あなたは三流か二流か、はたまた一流か!?

読むだけで自己評価ができる上に、さらに上を目指すための明確な指標となります。

40代で給与が頭打ちの時代に、出世街道を走っていくためのモノサシとしてお読みください。


●『一流役員が実践している仕事の流儀』(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844373463/horaihonoyomu-22/ref=nosim/



●『一流役員が実践している仕事の流儀』(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/l4sjycn


posted by ホーライ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動指針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

お勧めのビジネス書:『ゼロ秒思考』

お勧めのビジネス書:『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』


マッキンゼーで14年間活躍した著者の独自メソッド――

それは、「メモ書き」によって思考と感情の言語化をトレーニングすることで、どんな人でも確実に頭がよくなり、心も鍛えられるというもの。

著者が二十数年にわたって改良を続け、クライアント先で実践してもらうことで、すでに1000人を超える人が効果を実感している。

誰でも、どこでもできて、お金もほとんどかからないシンプルな方法ながら、実践した多くの人が、

「打てば響くような会話ができるようになった」

「オリジナルな企画書をすぐに書けるようになった」

「自分に自信がついた」

「嫉妬やパワハラに負けない精神力が身についた」

「自分の気持ちを素直に伝えらえるようになった」

という。


本書はそのトレーニングの方法を詳細に解説し、著者の考える思考の質とスピードの到達点、「ゼロ秒思考」への道を紹介するものである。


【本文より】

A4の紙に1件1ページで書く。

ゆっくり時間をかけるのではなく、1ページを1分以内にさっと書く。

毎日10ページ書き、フォルダに投げ込んで瞬時に整理する。

それだけで、マッキンゼーのプログラムでも十分に教えていない、最も基本的な「考える力」を鍛えられる。

深く考えることができるだけでなく、「ゼロ秒思考」と言える究極のレベルに近づける。


これまで書くのが苦手だった方や、書けるのだが異常に時間がかかっていた方に、重宝する内容に仕上がっています。


◆目次◆

第1章 「考える」ためのヒント

第2章 人はゼロ秒で考えられる

第3章 ゼロ秒思考をつくるメモの書き方

第4章 メモを使いつくす

第5章 メモの整理・活用法



本書の特徴は、「なんとなくモヤモヤを紙に書いていた」状態から「A4横の裏紙に、思いのまま書く。

毎日10枚。」というシンプルかつ継続的方法に変えることで、その効果を最大限に発揮させ毎日を心平穏にかつ頭が高速回転している状態にする、その具体的方法をメモ書きの具体例を豊富に使用しながら解説してところにあると思います。

アイデアを量産したい方は是非、どうぞ。

即、実践できます。


●『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/447802099X/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/kr6yj56





▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/
posted by ホーライ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

お勧めのビジネス書:『カリスマは誰でもなれる』

●お勧めのビジネス書:『カリスマは誰でもなれる』


カリスマとはいったい何なのか、どのように作用するのか、その仕組みはどうしたら実生活に利用できるのか。

「カリスマ性」とは天賦の才能ではなく、後天的に獲得できる。

長年の研究をもとに習得技術を明らかにする。


米国で話題のカリスマ論のバイブル、ついに上陸。

リーダーシップの専門家として、スタンフォード大学、イェール大学、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、国連などで講演を続けてきた著者。

今、世界が求める「影響力」の源泉を明らかにする―。



どうすれば人はカリスマ性を帯びるようになるのか。

本書で著者が説くのは、たったの2つ。

<大きなパワー>と<誠意>。

本書で紹介されているカリスマのタイプは、

「集中力のカリスマ」

「ビジョンのあるカリスマ」

「優しさのカリスマ」

「権威のカリスマ」

で、それぞれ、演じるためにどんな点に注意すべきか、ノウハウが詳細に書かれています。


カリスマになる方法を、ここまで活字にした本も珍しい。

他人に伝えたいメッセージがある方、大義を持ち、何か事を起こそうと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。



●『カリスマは誰でもなれる』(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041106427/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『カリスマは誰でもなれる』(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/mkbg3wc





▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/



vol.568
posted by ホーライ at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。